• ヘッダー1
  • ヘッダー2

遊び方

Play of Universeは、5×5マスのフィールドで繰り広げられる2人対戦型トレーディングカードゲームです。交互にターンを繰り返し、クリーチャーやアシストカードを駆使し、先に一定の勝利条件を満たしたプレイヤーが勝利します。
さあ、新たに広がるカードゲームの世界へ!

勝敗条件
①相手のJクリーチャーの体力が0になる。
②裏向けカードが5枚になる。(動画に解説有り)
③ターン開始時にデッキが0枚になる。

カードの解説

Play of Universe には「Jクリーチャーカード」「クリーチャーカード」「アシストカード」「アーマーカード」「ストラクチャーカード」の5種類あります。

クリーチャーカード

「Jクリーチャーカード」
自陣の全てを司る究極のカード。
Jクリーチャーを先に倒したプレイヤーが勝利となります。

クリーチャーカード

「クリーチャーカード」
Jクリーチャーと共に、戦うカード。
相手クリーチャーを攻撃し、プレイヤーを勝利へと導く。

アシスト

「アシストカード」
様々な効果を持ち、プレイヤーをアシストするカード。
上手く活用することで、戦況を大きく変える力を持つ。

アーマー

「アーマーカード」
クリーチャーに装着することが出来るカード。
パワーアップすることで相手クリーチャーを圧倒する。

ストラクチャー

「ストラクチャーカード」
特殊な効果を持つ、ストラクチャーカード。
プレイヤーをサポートし、流れを引き寄せる。

カードの見方

カードの見方

プレイ風景の解説

プレイ風景の解説
バトルエリア(自陣エリア 中間エリア 敵陣エリア)
お互いのクリーチャーを召喚し、バトルをするエリアです。

ストーンゾーン
ストーンを置くエリアです。ここから各ターン、ストーンを1個持ってきます。

デッキ
プレイヤーのデッキを置くエリアです。

リザーブ
ストーンゾーンから持ってきたストーンを置くエリアです。
クリーチャーの召喚、アシストカードの使用時に使うストーンを置きます。

トラッシュカード
使用したカードを置くエリアです。

トラッシュストーン
使用したストーンを置くエリアです。
使用したストーンは次のターン、リザーブエリアに戻ります。

ルールを覚えよう

Play of Universe をプレイする時に必要なもの

①カードデッキ
Jクリーチャーカードを含めて40枚のカードを用意します。
同じ名前のカードは4枚まで入れることができます。(Jクリーチャーは1枚だけです。)

②プレイシート
5×5のマス目が書かれたプレイシートを用意します。

③マジックストーン
カードの支払いコストを計算するものを用意します。
計算できるものであれば、ビーズなどでも代用できます。

④ダメージポイント
クリーチャーのHPを計算するものを用意します。
サイコロや電卓等も使用できます。

カードバトルの準備

カードバトルの準備

手札カード・コストの使い方の説明

手札カードの使い方
手札にあるカードは、コストを支払うことでクリーチャーの召喚、アシストの使用、アーマーの装着、ストラクチャーの配置をすることが出来ます。進化クリーチャーについては、一定の条件を満たしていないと、召喚することは出来ません。

召喚・使用コストの支払い方
カードを使用する時、カード左上記載の数字分コストを支払わなくてはなりません。
コストを支払ったら、ストーンをリザーブエリアからトラッシュエリアへ移します。

召喚・使用軽減コスト数について
カード左上記載の、シンボルマーク分コストを軽減することが出来ます。例えば、4コスト軽減2の赤属性クリーチャーを召喚しようとする時、バトルエリアに赤属性の味方クリーチャーが2体いる場合、このクリーチャーの召喚コストは2に軽減されます。よって、ストーンを2個支払うことで召喚することができます。これは、アシスト、アーマーやストラクチャーカードにも共通です。

レベルコストについて
クリーチャーは攻撃をする際、レベルアップをする必要があります。レベルアップをすることで、クリーチャーは攻撃をすることができます。1ターンに1回、望むなら自分のクリーチャーに石を乗せることが出来ます。レベルを上げることで攻撃が上がり、能力を出すクリーチャーがいます。クリーチャーに乗せた石は、1度乗せてしまうと基本的にリザーブに戻すことが出来ません。

手札カード・コストの使い方の説明

手札カード・コストの使い方の説明
SHARE
TOP